« 新聞の時代は終わったか | トップページ

2016年3月15日 (火)

スクロヴァチェフスキー

日曜日の夜遅く、スクロヴァチェフスキーの指揮するブルックナーの第8交響曲を読売交響楽団と何年ぶりかで、再演した演奏会の放送があった。

最近は面倒なことは何もできなくなったのだが、昔とった杵づか古いレコーダーはまだ扱える。

2時間予約して丸取りした録画の指揮ぶりをDVDにダビングしながらもう一度聞いた。

ブルックナーの交響曲第8番はうんざりするほど長い。なんでもありの曲だから、壮大なとしか言いようがないが、曲がいい悪いなどという実感は私にはない。しかしスクロヴァチェフスキーという人は現在92歳というがこの長大な曲をアンプで指揮してのけるのだから、すごい。

まるで化け物だ。

手振りの細かさなどどうだといいたい。声に出しているかどうかはわからないが、絶えず口元は動いている。

ゆるぎない80分間の演奏姿勢はまさに卒寿老人のものではない。

おどろいたなー。

ハープの3台をはじめ、管弦楽の楽器のほとんどすべてを並べ、曲の豪勢さを実証してみせる。

92歳は私より4つ若い。

杖をつかずに舞台を横切る姿は、老人には違いないが、姿勢の良さは抜群だ。

今年の1月21日東京芸術劇場で読売交響楽団を指揮したものだから、観衆がどよめくのも無理がない。

アンコールが止まず5回目にはとうとうコンサートマスターの肩に手をかけ連れ出してしまい、舞台を閉めてしまった。

素晴らしい芸術家の生き様をよくぞ見させていただいた。

|

« 新聞の時代は終わったか | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/63348047

この記事へのトラックバック一覧です: スクロヴァチェフスキー:

« 新聞の時代は終わったか | トップページ