« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月 5日 (月)

長寿とはお笑い草か

心臓の調子がいいらしく、階段の上り下りが楽だ。

不思議に違うもんだ。

さっきまで2時間昼寝していたのだが、雨の音がざわざわと激しかったから・ずいぶん降ったのかなと起きて窓の外を見ると、雨の形跡はまるでない。全くの空耳である。

ツンボというのは聞こえないだけではないらしい。ない音が聞こえるということもあるようだ。

家内も耳が遠くなったから、言った言わないの口論ばかりか、全く違った受け取り方をして、これまた言い争いの種になる。

家内に言わせると私の言い方はまるで何を言ってるかわからないらしい。従来からの感でうけこたえしていることのようだ。

トンチンカンを絵に描いた感じである。

後はお笑い草とは、故人はよく云ったものだ。

話は変わるが、私は今尿瓶を3本備えて身辺に転がしている。

もし不時の来客などあっては、いかにも恥をさらしている体たらくで、全くの老体そのものと言える。

2、30分に一度尿意に促されて、その尿瓶のお世話になるというしだいでは仕方がない。

利尿剤を毎日飲んでるから、昨今涼しくなってくると尚更のごとく激しい。

オチクボ先生はそのおかげでずいぶんと心臓の働きが良くなった。呼吸が楽でしょうがとおっしゃる。

全くその通り、ここ1ヶ月の変化は自分でもわかる。

季節の変化と思っていたが、真意は別にあった。

心臓の幅も6cm狭くなった。診察の都度みせられるレントゲン写真で計って言われるのだから、論をまたない。

血流の不整脈で、心臓弁の内外でぶっつかり合う血流をみせられ、今また心臓の横幅を計示され、首肯する以外に何物もない。

血管の不時の梗塞により引き起こされる、障害はこれにより取り除かれるという。

とはまだまだ寿命が伸びるということでもある。困ったなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »