« 年寄りの冷水 | トップページ | 放埓な一生だったか! »

2015年7月13日 (月)

要支援1との通知

昨日やっと市の介護課から要支援1の指定通知が来る。

先般来られた検査官が私がどこも悪くないと答えるものだから、それは困りましたなと首を傾げられたのだったが、あとで間違った答弁だったかなと、軽率を悔いた。

要介護の必要性を調べに来たのだから、やはり素直に立ち居が難しいとか、寝起きに難渋しているとか

、腰でも少し無理すると痛むのは  事実だから、答弁に工夫がなさすぎた。

要支援も解かれてはデイサービスにも行けなくなるし、困ったなと思っていたが、要支援1のまま変更がなくてほっとした。

市役所でも経費は少なくしたいだろうから、いろいろご検討くださったのだろう。

返事の遅かったのも仕方のないことだった。

最近私も運動の大切さを身を持って感じ始めている。

特に足腰周りの軽快さがよくなった。

早くはならないが、ちょっとした重さや痛さがまるでなくなった。

いままでの生活態度が良くなかったことを痛感し始めている。

90歳代になってから気づいたのだから遅すぎたようではあるが、それでも無神経よりはマシだろう。

|

« 年寄りの冷水 | トップページ | 放埓な一生だったか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/61881026

この記事へのトラックバック一覧です: 要支援1との通知:

« 年寄りの冷水 | トップページ | 放埓な一生だったか! »