« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年7月 2日 (木)

ラジカセおまえもか

どうしたわけか午前6時きっかりに目覚めてもう眠れない。

起き出してラジカセの周囲をうろうろする。電話と場所替えをする。

窓際に引いていたFMアンテナを引き換えるのがけっこう大変。足上げに乗っかって天井につる。

テープがまだ200本以上残っているから、聴く時間がないことはない。

耳だけだから、ビデオを見るよりは楽である。

しかしこのPanasonicのラジカセはもう寿命でCDは故障で動かない。ほんにラジカセだけの命だ、音はいいのだが余命は少ない。このラジカセが命尽きれば、あとはケータイと自動車しか、カセットの使い場はない。

我が命と共に何もかも終わるのか。

70年昔、我が家はアメリカさんの爆撃でいち早く地上から消えた。戦後帰還後私の点々と数度の転居暮らしが続いた。

野も山もまるで変化した。爆撃の跡地は今や人間の住家が密集して、戦前を偲ぶよすがはまるでない。

Photo_2
(戦前の我が家ー現在は岩国市麻里布町の街並みの一角に変貌して伺い知ることもできない)

身辺を永く彩ってくれたこれらの機器も時代とはもうかけはなれた。

みずから命を絶つべき時かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

年寄りの冷水

無料でパソコンの回収をやってくれるというチラシが入っていたので、電話して明日取りに来てもらうことにする。

ところが、iMacが重くて、自力では石段をさげ下ろすことができないので、雅博さんに電話してきてもらう。

2時ごろやってきて簡単に下ろしてくれる。

わかいものだなあ!

初期のiMacでアップルが日本商圏に大きな足跡を残した例の老いたる代物である。

永らく使わなかったので、もう働かない。

厄介なゴミになった。さげてみてその重さに驚いた。

もう一つ、この後継機がOS9.4を使って働いてくれてるが、古いソフトなどはこれでないと動かないのでやむなく使っている。こちらはOS8以前の古いバージョンも導入できる様になっている優れもので、

すごく重宝している。

こちらはまだ捨てるわけに行かないが、こちらも最後は婿さんの手を借りなければならないことになりそうだ。

明日うまく取っていってくれればと祈るような思い。

老人のヨタヨタ仕事で、終日このことで1日すぎた様なものである。

雨はときどきちょろちょろだが、9号の余波、11号の襲来、油断ができる様な雲行きではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

要支援1との通知

昨日やっと市の介護課から要支援1の指定通知が来る。

先般来られた検査官が私がどこも悪くないと答えるものだから、それは困りましたなと首を傾げられたのだったが、あとで間違った答弁だったかなと、軽率を悔いた。

要介護の必要性を調べに来たのだから、やはり素直に立ち居が難しいとか、寝起きに難渋しているとか

、腰でも少し無理すると痛むのは  事実だから、答弁に工夫がなさすぎた。

要支援も解かれてはデイサービスにも行けなくなるし、困ったなと思っていたが、要支援1のまま変更がなくてほっとした。

市役所でも経費は少なくしたいだろうから、いろいろご検討くださったのだろう。

返事の遅かったのも仕方のないことだった。

最近私も運動の大切さを身を持って感じ始めている。

特に足腰周りの軽快さがよくなった。

早くはならないが、ちょっとした重さや痛さがまるでなくなった。

いままでの生活態度が良くなかったことを痛感し始めている。

90歳代になってから気づいたのだから遅すぎたようではあるが、それでも無神経よりはマシだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

放埓な一生だったか!

午前中はほとんどベッド。時にはぐっすり眠る。

最近はほとんどものを考えない。思考力もない感じである。

生ける屍という言葉があるが、正にそれである。

ずいぶん体が弱って、動きにくい。

特に持病である狭心症はどんどん進んでいるらしい。

二階の私の部屋に上がり下りするのも極端に難しくなった。

下の階にもわざわざ借りベッドが置いてあるのだから、そこで寝ればいいと家内は口癖にいうのだが、

どうもその気になれない。

家内の好きなテレビが騒がしくて眠れないこともある。

放埓な人間だから、いつも一人で好きなことをしていたい。

この性格はとうとう最後まで持ち続けることになるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

用心しても怪我はする

朝から時折小雨がちらつく。

昨日風呂の支度をしている時、蓋の一つが左の腕の上に落ちてきて皮膚がちぎれ、血が吹き出して思わぬ怪我になる。

日曜日だし午後6時を過ぎてるし医者にも行けない。

適当に包帯して今日を待つ。

今朝せいこうさんに行き治療してもらう。

皮膚が薄くもろくて縫い合わせるのに随分難渋したという。

今度法律改正でデイケアーの料金が2割になる。介護課に聞きに行ったけど所得が160万円を超えているから文句なしと言われる。

デイケアーも遊びごとではないな。

残念だが明日のデイケアーには腕の傷に悪いから行けない。

ちょっと力を入れると糸の縫い合わせ口から皮膚がまた破れるのだそうだ。

医者が私の皮膚は薄くて透明な膜のようで、透き通って見えるという。

なんだか怖いような話である。

じっとおとなしくしていなければしかたがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

人間必ず来るものが来る

小雨が静かに降り続く。

やけに涼しい。真夏というのに半袖シャツでは寒いくらい。

特に風が冷たい。南風なのに北の空気だ。

デイケアーは今日は私の怪我が原因で、二人とも休む。

ゴロゴロしてるばかりだから、体にはよろしくないな。

来月から私の利用料は4千円と倍になる。政府の財政引き締めがなんとなく気にかかってきた。

長寿が最大の原因だから、なんとも申し訳ない。

長寿は国の生産増加につながることでないから、ここにきて国民の保健政策も悪効果を招き始めた感じがする。王道楽土も長続きはしそうにない。

午後傷の包帯交換に医者に行く。

ついでに先般の血液検査の結果を聞く。

のっけから心臓が弱ってるのですねえーと、先生のため息が出る。

NT-proBNPの数値が標準値120に比べて4645となっている。 (昨年1月に別の内科医院での検査では1220とでて、ひどい心不全だと言われた)全くのケタ違いで先生も驚きの色を隠さない。こんなのは初めてですとのこと。

もちろん私には何のことやらわからないが、ひどく悪いことはわかる。

いつ心臓が止まっても仕方がない数字だろう。

心臓専門の大先生に診てもらえと検査機関は示唆をくれてるが、それでも治る方途はなさそうだ。

まあ諦めが肝心だ。95歳まで生きたのだから、欲を言ってはいけない。

以って暝すべきとしよう。

やはり予感したように、今年中には万事終わることになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »