« 吉田松陰と井伊大老 | トップページ | 卆翁のからだ »

2015年5月 4日 (月)

原監督ならずとも分かりにくいプレイ

なんとか天気になる。

山口銀行が花をくれる。例年のことだが、なんの意味だろう。

家内は年金の自動預け入れのお礼だろうという。

いつも最終的には枯らしてしまうのだが。

昨日は少し寒いなと思っていたが今日は蒸し暑い。

もうぼつぼつ夏だから、体調がもつのだろうか。自信はまったくない。

今日の対巨人戦、まったく想像もできない幕切れとなった。

2-2のまま、カープが最終回裏1死満塁としピンチヒッター小窪が内野フライを高々と打ち上げた。

野手二人が玉の下に入ったけど譲り合って落とした。この時インフィールドフライがセンセられていて、小窪はアウト、ランナーが一人落球を見てホームインし、タッチされなかったので得点が認められ、

3-2でカープのサヨナラ勝ちとなった。

落球した玉を拾った選手がベースを一足早く踏んだのだが、ここは二死後のプレイで、ランナーの走塁阻止でなければダメという野球規則だそうだ。

|

« 吉田松陰と井伊大老 | トップページ | 卆翁のからだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/61539034

この記事へのトラックバック一覧です: 原監督ならずとも分かりにくいプレイ:

« 吉田松陰と井伊大老 | トップページ | 卆翁のからだ »