« さんりんぼ | トップページ | 国のありがたさ »

2015年2月 3日 (火)

95歳の友と会う

10年ぶりぐらいになるだろうか、級友の福永君にこちらがそのホーム( 介護付有料ロージンホーム「ペララ」)に出かけて会う。

喜びだけで涙も何も出なかった。大きな声で叫びあった。私はまだ聞こえるが、彼はほとんどツンボで、何にも聞こえないようだった。

同級で同じクラスの席順も近かった。

何よりも下宿がすぐ近くで3、4軒目というところだし、従って食事の賄いやも同じだった。

思い出させてやろうという下心もあって、朝夕通った路地の写真をコピーして見せてやった。

又第2弾の写真は卒業第1年目(1940)の満州国新京での同窓会で、10数名集まった中に彼も我も存在していたことだった。

きゃあきゃあ言って喜ぶ彼。旧友たちの呼び名が連呼される。

お互い95歳の年齢を忘れるほどの記憶力である。

もっとも正確には、彼は3月14日が誕生日だから、数日足りない。

私は無事に誕生日を過ぎて今の数え方でも95歳であるが。

しかしあの戦争の中をよくぞ生き延びて来たものである。

生き残りは、この数年バタバタと死んで、この広島界隈ではもう彼と我だけになった。

 

全国では千葉で田島邦夫君が一人健在を誇っている。

彼はもう歩けない。私は歩いて、自動車も運転して今日この友を訪ねた。

廿日市から広島市可部町まで20キロは優にある。

ここ数年考えあぐんだ企画だったがついに成し遂げた。

もうこれが最後だぞと心で喝采した。

別れの握手は固く、痛かった。

|

« さんりんぼ | トップページ | 国のありがたさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/61080201

この記事へのトラックバック一覧です: 95歳の友と会う:

« さんりんぼ | トップページ | 国のありがたさ »