« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月 8日 (月)

大東亜戦争勃発

今日は昭和16年(1941),大東亜戦争の勃発した日である。

新聞もテレビも知らぬ顔の今日この頃ではあるが、私には毎年のごとく深刻に思い返しては居る日である。

ブログを書き始めたのも2005年のこの日からである。

1994年に初めてインターネットに投稿したのもこの日からだった。

いつも書くことは同じような内容なのは仕方がないが、前よりは詳しく言えばこういうことになる。

1941年のこの日、朝早く準備して陸軍演習場のあった、富士の裾野、駒門廠舎を出発、その日の演習予定の自動車行軍中の対空防御、戦闘、退避の訓練を行いながら、伊豆方面に向かって国道などを南下しつつあった。

私は関東軍の自動車連隊(7個部隊)選出の幹部候補生200名の一人として、10月1日より翌年3月31日まで東京世田谷区の陸軍自動車学校にて訓練中であり、その一環としての富士の陸軍演習場に来ていたわけだった。

後で気がつくことだが、行軍中沿線の住民の歓呼の声や、この地方の特産のみかんをどんどん車の中に投げ込む姿の異常さに、こちらは真剣に訓練中なのにと、いささか呆れ気味だった。

修善寺の街中に入って、大休止となり、とある食堂に入ってお茶の奉仕を受けながら、飯ごう飯を食っている最中、店で鳴らしているラジオの声に驚かされた。

ニュースの時間だったか、特別放送だったかは覚えていないが、東条首相のハワイ空襲、アジア各地の開戦の報道を、まさにあっけにとられた感覚で聞き、これはえらいことになった、いやでも戦場の真っ只中にたたされるぞと、緊張が全身にみなぎった。

演習は即座に中止され、夜を徹して東京に帰営したことは当然の成り行きであった。

当時学校の行事を専属で写真撮影していた写真屋が居て、卒業時そのアルバムを買わされた。

200名全員が買ったと思う。

私のアルバムは米軍の空爆にあって、家屋敷灰燼に帰したが、幸い母が拾い出してくれた。

しかしその後風雨にさらされ、私が帰国して見たときは、無残な姿になってたが、かろうじて写真の体裁を保っているのでその一枚を掲載する。

1個中隊ぐらいが、路傍で小休止している風景である。三島付近だったか、後ろに富士の山容が雲の上に見える。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

戦後しばらく貧しかった日本の家庭

快晴。

やぐらコタツのヒーター部分を買ってきたので、昨夜から改造にかかる。

昼前には完成する。昔鍛えた日曜大工はまだ健全だ。

しかし身体のあちこちが痛いし、疲れた。 

午後はそのコタツに入って寝てばかり。

やはりコタツはいい。

日本の座敷にはよくあってるのだろう。

いつ頃だったか、戦後住まいもなく物資もなくて、日々の生活に苦労していた頃、しばらくの間訪れたコタツブームが忘れられない。

映画などで家族団欒の場面によく登場した。そして実世間でどのうちでもその姿が珍しくなかった。

家内は己斐に行く予定にしていたらしく、バタバタと準備していたらしかったが、私の気がつくのが遅かった。あまりないことだが仕方がない。

私は明日午前中に落久保内科に行くこと、己斐の組合に預金することだけしか頭になかった。

最近は忘れっぽく、隙だらけだ。まともな人生航路はもうない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

おいぼれの寝言

朝方は日がさしていたが、予報通り雲が出て、夕方には雨となるのか。

千代らはレンタカーで家内をつれて出て行く。若い血が落ち着かせないのであろう。

もっとも昼すぎには帰ってきたが。

大晦日は何もしない私は粗大ゴミとして扱われるだけで、そのかけ声がうとましい。

NHKの紅白も関心ない。何年いや何十年も見ていないだろう。

婿さんがその分こき使われたらしいから、あいこである。

明日の夜明けから昔だったら、歳をとったと言った。

数えの96歳、一月もしないうちに満95歳となる。

学友はもうほとんどいなくなった。

戦争戦後をまたいで、私たちが故国の興亡を担った。

全く思いもかけない運命を背負わされた。

今呼称は同じでも、昭和20年以後の日本は昔とは違った国である。

いいか悪いか民主日本、アメリカナイズされた日本、ようやくなじまされたかに見える現在の我が同胞たち。

国の象徴と祀られている天皇もことさら姿勢が低くていらっしゃる。

私の心のうちでは皆同じではない。

多感なハタチの時代は全身全霊を陛下に捧げて戦った。

終わった時にはボロ服をまとった一捕虜送還者そして、帰郷してみれば、全財産も巷塵と消え去っていた。

空しいとの一語だけで済まされるものではない。

しかし日々刻まれ行く歴史はなんと恐ろしいものだろう。

人間だ、日本人だといって、今となっては虚空を彷徨う粉塵にすぎない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »