« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月 4日 (土)

降ってわいた、我が家の転居話

『ひょうたんから駒が出た』という諺かなにか、この私も正確には理解出来てない言葉がある。

ともかく偶然に何かいいことが起きることのようである。

こんど身辺に起きた移住劇もどうやらそれらしい。

何時だったか,一月前くらい、長女等が夫婦でやって来た。

老夫婦の元気さ具合を見に来たわけである。

もう一人次女の一家がいるが、これは転勤族で全国を渡り歩き、ごく最近勤務のため別れて住んでいた主人が東京の自宅に戻ってきたところである。私らから見れば当然宛にするわけにはいかない。

今の所格別身体に悪い所も無く、週に一度行くデイケアーが、私に合っているらしく,体調がはなはだよい。

だが、このデイケアーの仲間をみると、身体障害者の集まりだから、当然年齢に関係なく,動作が不自由な人ばかりである。

私の行く時間帯の十数名の中には61歳という人も居る。

声をかけて同情してあげるのだが、94歳の私の元気さが、悲しさを倍増さしているやにも受け取れる。

いずれ我が身もいつかはと恐ろしく、最近は過去の軽卒さはすっかりなくなって、慎重そのもの、自分でもおかしいくらい行動が鈍くなって来た。

長女等と茶飲み話にその話など織り込んでいるうちに、いつかはお世話にならなければならないが、不自由になったら近くに居るのが,一番良いと思うが、あんたらの近所にそんな家は無いかなと,ふと私の口から言葉になって出た。

側に居た婿が早速スマホンをかざして、現在うちのマンションの同じ階に貸し室が一つ出ているよと云う。

値ごろを聞くと、私の予期した値段である。それがいいと私の即断でこれにきめ、交渉に当たってもらうことになった。

曲折はじゃっかんあったが、今月初めから借りることに契約が成立した。

いざ転居となると,法的な手続きはもちろん荷物の整理など簡単では無い。

半年,一年とかかるだろう。

最終的には子供等に任せる他はないだろうが、また帰って来ることも考えないといけない。

案外難しいもんだいだなと頭を転がすことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

とうとうやったか交通事故

台風一過、まあまあのお天気。太陽が明るい。

思いがけない事故の後始末をしなければならない。

いろいろ子供等に云われそうである。

とうとう車の運転を止めざるを得んかも知れないな。

10時半十五年前この車を買った木元自動車に行く。

前照灯のガラスだけ中古と取り替えてもらうことでお願いしておく。入荷次第交換してもらうことになる。いくらかかるか聞かなかった。

もう人が云うようにいくら70年の経歴があっても、神経だけは元通りではない。

年貢の納め時とあきらめるかな。

今の免許証の期限が28年の2月である。もう更新は罷めるとするか。なんとなく決心する。

いくら考えても悔いの残る事故である。過去自分の軽率な運転で永い月日には自損事故は数多くあった。どの車もなんどかの怪我で見掛を悪くした。

元々陸軍の自動車隊から出発した運転手だから、手荒いのは仕方がない。

車は単なる道具としか考えない癖が出来上がっている。

数十年も昔岩國に居た頃,同じ家に居た市役所に勤務していた義弟が、さも大切そうに毎日拭き掃きしてみがいていたのを内心おかしくおもい、心底あざけったものだった。

だが昨日の衝突はなんとなく悔しい。

少し斜めの交差点ではあったが,突如現れた向こうの車が全然目に映らなかった。

台風の横雨のせいだとしか思えない。

老体の目のせいだとはどうしても思われない。

私の70年に亘る運転人生もいよいよ幕になるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

老人の苦闘

夜間腰から背中にかけて痛む。し瓶で小便をとるにも苦労する。

朝まで苦闘の連続である。

夜明けに起きるのがさらに辛い。我慢する以外にない。

黙っておれば波風は立たない。

人生の終末がやっとやって来たな。

Wifiがうまく使えない。発信基地は全国に46万箇所もあるというのに。

設定がうまくいってないらしい。ソフトバンクに出かけてみないといけない。

老人はわかりが遅いから店員さんが嫌う。遠慮して聞いたりするとよけいにわかり辛いしこまったものだ。

iPhoneもiPadも宝のもち腐れである。老人には遠い存在なのに、今更何をとあざけり笑う声が聞こえるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

引越しの苦しみ

今朝はとうとう起き上がりにくいので、体調の整うのを待って、8時過ぎに起き上がる。

そろそろとなんとか着替えを済ませ、階段を降りる。

私の1日の始まりである。自分ながらすごい時間がかかる。

朝飯を終わり新聞を読んで、10時食卓を離れる。

まだ、生きているというだけが現実である。

寝たり起きたりしてるうちにどうやら痛みが薄れた感じがする。どうしてかよくわからない。

お先真っ暗な思いでいたのに、それはないよと言いたい。

昔盲腸の手術の後ウンウン唸っていたのに、あくる日には嘘のように楽になったことがあって驚いた。

どうやら痛みというのはいつの間にかなくなるものらしい。

ぼつりぼつり引越しの準備をしているのだが、気ばかりで一向に進捗しない。やっぱり大変なことだった。

引越しするには年を取り過ぎていた。

高額な費用をかけて、こんな苦労となるとはさすがに思い至らなかった。

家内もリウマチが痛い痛いといってるが、そればかりではないのだろう、私と同じ引越し苦労がその全てではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

老人の弱み

長いなあと思っていた10月がすぐ底まできて、秋さなかの11月になる。

腰の痛みがなんとか耐えられそうで、少し元気を出す。

腰が抜ける現象は今日は治まっている。単なる神経痛でもなさそうだが、いったいなんなのだろう。

Wifi設定のことでソフトバンクに午前中行ってくる。

いろいろ説明を聞いたが、結局は金をつかわなければ、だめなようだ。

世の中うまくできているなあ。

所詮老人の出る幕ではないらしい。

iPhoneを使ってデザリングという機能があるらしいのだが、これとて業者は極めて後ろ向きである。

話しかけても相の手にはならない。

下手をすると損をするとでも思っているらしい。

忘れっぽくはなるし、理解力はなくなるし、もうどうにもならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

スマほ

新聞を見ていると、「スマほ」という字がやたらと並んでいた。

不思議だったので、googleで検索してみた。

はっきりした語源はないらしい。すまほんからの省略語にすぎないようだ。

すまほんならスマートフォンの省略語だということは大分以前から知っていた。

それならスマートフォンとはと聞かれるとちょっと困る。

スマートという言葉が私にはもう一つはっきりしない。

もともとケータイの形で機能を猛烈に増やしたのは、アップルの考えたiPhoneである。

真似事の上手な起業家たちは、同じようなものをあっという間に造り広めた。

もちろん iPhoneの爆発的な成功に刺激されたわけである。

iPhoneはアップルの商品名だから勝手に使うわけに行かない。

苦し紛れに、スマートフォンと誰かが命名したと受け取れる。

ほかに言いようはなかったのだろうか。

「スマほ」まで行くと、もう馬鹿らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月31日 (金)

わが最悪の事態

午前中車で買い物に出る。途中一番館で食事。

腰の痛みが抜けず、とうとう広電では駐車場で車の中で待つ。

午後も帰宅してから寝るばかり。

最悪の月になってしまった。痛み止めも湿布も全然利かない。

医者に行っても仕方がない。

これで転居がうまくゆくのだろうか。

生死の問題よりこちらが先だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »