« 夢を見る様な遠い昔 | トップページ | 降ってわいた、我が家の転居話 »

2014年9月18日 (木)

卒翁偶想

せいこうには連休以後出かけない。

包帯を自分で解いて回復を見届けたのでそのまま放置することにする、風呂にも一部絆創膏を貼ったまま入る。

全治3週間と云った所で済んだ、よかった。

昨日のデイケアーも普通にマッサージをやってもらった。

カープ巨人第3戦も乱戦の末敗れた、もう優勝の望みは無い。

良くやったけどまだ足りない。何方かと言えば投打の投の方がまだ手薄かな。

今日など今年最高の秋晴れだろう。いい天気だ。

是から寒くなるばかりだが、身体がうまくもつかな。今冬を越す自信なんかもちろんない。

天に任すのみだ。

千代と朝子が近く来ると云う、待ち遠しい。

今生の別れはいつのことになるか。

長過ぎた命、もう未練は一つもない。

残すものが多過ぎて、後のものがさぞ困ることだろう。が、もう片づける余力は無い。

こんなときは金銭が一番だが、これはない。嫌なじじいだな俺は。

|

« 夢を見る様な遠い昔 | トップページ | 降ってわいた、我が家の転居話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/60334346

この記事へのトラックバック一覧です: 卒翁偶想:

« 夢を見る様な遠い昔 | トップページ | 降ってわいた、我が家の転居話 »