« 人の運命の危うさ、悲しさ | トップページ | 谷間は危ないに決まっているのに »

2014年8月22日 (金)

八木の豪雨災害と私の胃がん検診

昨夜又雨が時折激しく降り始める。

災害のひどい八木地区も例外ではない。

非常に心配である。

死者39名、行方不明者43名と90人を超える人的災害である。

丁度盆の時期だし、新しい住宅地だから、不特定の住人や通行人もいるだろうし、不明者の多いのはやむを得まい。

しかしこんなに重大な災害になるとは思わなかった。

午前10時半内藤内科にかねて予約してあった、胃カメラによる胃がん検診をしてもらう。先生の言葉では残念ながら癌も腫瘍もなにもなかった。

今度で3度目だが、私の胃の中は全く綺麗なものである。

なのに最近通りがよくない。やはり老化によるものとしか考えられないか。

心不全は数値が1300を越え基準値の900を遥かに越えている。

もうこれでは寝たり起きたりで過ごす以外に無いなといわれる。

他に悪い所は見当たらない。後いくつか持つかだけの人生のようだ。

|

« 人の運命の危うさ、悲しさ | トップページ | 谷間は危ないに決まっているのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/60190726

この記事へのトラックバック一覧です: 八木の豪雨災害と私の胃がん検診:

« 人の運命の危うさ、悲しさ | トップページ | 谷間は危ないに決まっているのに »