« 就職と停年 | トップページ | 悲観、雑感 »

2014年6月17日 (火)

不可解なこと

市役所から、介護認定のためなんとかさんと言う人が私の現状を調べに来る。

薬のことは相当詳しい人だ。ちらと見ただけで病状まで言い当てる。

でも自動車は運転するし、パソコンはやるし、並の要介護者とは違うから検定が難しいことだろう。

歩くのが少し不自由で、心臓が弱っているから走ったり、急いだりは出来ない。

緩い我が家までの坂ももう私には無理だ。よろけてものにぶっつかることも多い。

此の点は常人以下だが。

昨日から電話が使えなくなった。理由は分らない。

うんともすんとも言わないから、電話局に訴えることも出来ない。

ケータイを使って東京に電話する。これなら楽に使える。

とうとうこうした時代になったか。

午後6時突如電話がかかって来る。びっくりして出る。

昼過ぎリハビリ中の角さんを病院に見舞ったお礼を娘さんが言う。

改めて電話機を再度取ってみるとジーと云う反応がある。

故障が直ったらしい。

何にもしないのに勝手に切れたり通じたりする。分らんことが多いいなあ。

それとも私が馬鹿になったのかも。

|

« 就職と停年 | トップページ | 悲観、雑感 »

コメント

もしかしたら、近くの電柱で工事があり、その時配線のミスがあったのではないですか?

投稿: | 2014年6月22日 (日) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59829764

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解なこと:

« 就職と停年 | トップページ | 悲観、雑感 »