« 腰の痙攣 | トップページ | 自動車運転の自信 »

2014年5月12日 (月)

老人の暮らしの日々

昨夜は神村君が電話を掛けて来る。格別な用事はないが、私が元気かどうか知りたかったらしい。

今老人ホームに居ることを長々と喋る。

前回何時だったか春先に聞いた話のむしかえしだが、それを言っても彼は憶えていないらしい。

老人のくりごと、まあいいか。

三十数万円毎月掛かるらしい。夫婦二人至れり尽くせりの待遇で満足しているとか。

年金と恩給をつぎ込んで丁度いっぱいらしい。これは今度始めて聞いた。近所の大藤さんが利用していた、あの老人ホームと同規模のものらしい。

平均的な年金生活者を狙った、全国規模の老人ホームの一つだろう。

まあ元気で日ごと満足な暮らしをしているのなら言うことは無い。

若いものに見放されたらこれも致し方は無いな。

昨日はカープがドラゴンズにバリントンでこっぴどくやられたらしい。私はテレビで大差を付けられた6回で見るのをやめたが、後聞くと9対5で負けていた。

投手も打者もやはりいつも万全というわけにはいかない。

そこが面白いわけだが、身を入れ過ぎるとやはり辛い。

サッカーも好きになってよく見るが、これは更に大変なスポーツだな。運不運が次々訪れる。油断も隙も無い。J1でも下位チームが屢々上位を食う。

面白さを通り越したゲームといえる。

たんびにくじを引く感じだ。

最近少し嫌になって来た。

|

« 腰の痙攣 | トップページ | 自動車運転の自信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59629447

この記事へのトラックバック一覧です: 老人の暮らしの日々:

« 腰の痙攣 | トップページ | 自動車運転の自信 »