« NHK大リーグ放送に大わらわ | トップページ | 重たい風邪 »

2014年4月18日 (金)

高遠の桜

4月と云えばもう少し暖かいと思っていたが,歳のせいか少しも暖かくない。

それでも外に出ると日射しの暖かさは感ずるのだが、ほとんどうちの中で暮らす身の上、家が暖まらない以上ぬくもりは感じられない。

まだストーブの暖かさが要る、不経済なものだな俺たちは。

昨日のテレビで今を盛りの伊那高遠の桜が紹介されていた。

私達も数年前観光バスで訪れた。赤味の深い肉厚の花びらの桜が心をうった。

即座に絵島生島の故事が思い出された。濃艶さがぴったりだった。

配流され生涯を此の地で終わった絵島もこの季節は、果たして心和やかであったろうか。

もっとも3、4百年も前の話だから、此れ等の桜とは無縁だったかも知れないが。

高遠といえば、保科正之もこの地で育った。二代秀忠の庶子として生まれ、後家光に召し出されて、幕閣に登用され、四代家綱の時代を取り仕切った事は余りにも有名である。

もちろん会津松平家の先祖としても著名であるが。

幕末に幕府と運命を共にしたその忠節は彼の遺訓といわれている。

ともあれ、この濃艶な桜の花たちは今も私の心を揺さぶり続けている。

|

« NHK大リーグ放送に大わらわ | トップページ | 重たい風邪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59488358

この記事へのトラックバック一覧です: 高遠の桜:

« NHK大リーグ放送に大わらわ | トップページ | 重たい風邪 »