« カープ出足好調 | トップページ | 植物園で花見 »

2014年4月 7日 (月)

人生は不可思議で予測などとても

ひよっこ一年生の写真がテレビで次から次へと沢山出て来る。

登場するときは皆同じである。

九十年百年と経つと、私のようにもう取り返しの出来ないそれぞれの一生が出来上がる。

かって、私の店で働いてくれていた大学生の奥さんが居た。

その主人の学問研究のため上級大学院進級に連れ添って上京するため、店を罷めざるをえなくなり、

在京頼りも何通かいただいた。が、いつしか音信不通となった。

先日ふと検索してるうち、彼が無事研究を果たし,博士になって現在母校の教授の地位にある事が分った。

1970年前後の話である。私の日記によれば、夫婦を招いて三度飲食をしている。

正に紅顔の美青年であった。何を話したかは憶えていない。

軍隊経験のある私はその空しさを話したかも知れない。

奥さんから後日貰った手紙にも触れられているから間違いない。

縁は異なものである。

内助の功を果たした彼女が現在幸福にその成果を楽しんでいるか、はるかに祈るだけで、遠く離れては知る由もない。

人生は全く不可思議である。予測など出来るわけのものではない。

|

« カープ出足好調 | トップページ | 植物園で花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59427162

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は不可思議で予測などとても:

« カープ出足好調 | トップページ | 植物園で花見 »