« とうとう風邪にやられたか | トップページ | 佐藤寿人のシュート »

2014年3月 8日 (土)

サンフレッチェの強さ

家内が昨夜食あたりかなにかで吐いたらしい。

今朝は朝飯を食わずに寝て居る。

最近良くある事だが,胃腸が大分弱っているのだろうか大変心配である。

家の事万端世話をかけてる私としては、身体がすくむ思いである。といって今更何も出来ないし、一人で一枚のパンを齧ってそれで終わりである。

情けないものだな男の老人なんて。

早くくたばりたい。先に見えるのはもうくらやみばかりである。

なんで94歳などという長生きをしたのであろう、のぞみもしないのに。 

ところでサンフレッチェの強さはどうなんだろう。

今日お昼すぎ地元のエディオンスタディアムで今シーズンの二戦目を川崎フロンターレと戦った。前半後1分と云うところでシュートを打ち込まれてリードされた。

後半奮起したサンフレッチェが佐藤の相変わらずの妙技で早々と追いついて,今度も又後1分。ゴールゲート正面20m前でのフリーキックのチャンスを今度はサンフレッチェが戴いた。

すかさず前の試合の殊勲者塩谷がまたもやゴールに蹴り込んで,圧巻の2連勝を呼び込んだ。

テレビ放送がなかったが、妙な予感がしたので地元ラジオにチャンネルを合わせて聞いていた。なんだか不思議な思いだな。

近年ラジオでサッカーの実況放送なんて聞いたことがなかったが、とてもまどろっこしくてドンドン変わる場面が理解出来ない。ゴールの瞬間も猛獣のうなり声に似たアナウンスが轟くだけでどちらが入れたのか分らない。

今日の最後はフリーキックだからはっきり認識が出来たけど。

面白いといってもやはり願い下げだな。人間のおしゃべりではおいつかないよ。

|

« とうとう風邪にやられたか | トップページ | 佐藤寿人のシュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59257821

この記事へのトラックバック一覧です: サンフレッチェの強さ:

« とうとう風邪にやられたか | トップページ | 佐藤寿人のシュート »