« 佐藤寿人のシュート | トップページ | 人類は何故こんな変な仕組みを作るのか »

2014年3月10日 (月)

陸軍記念日

昔陸軍記念日というのがあった。今日の事である。明治38年(1905)7万の死傷者を出して、日本軍がこの会戦に勝利し、やっと敵ロシア軍がこの地奉天を放棄して北方に退却した日で事実上、陸上での戦いが終わったとされる日である。

最近は歴史を習ってない人が多くて,話にならないので、私達老人には何でもないことだが,一応語っておくわけである。

私の伯父もこの日露戦争で出征し,金鵄勲章を貰っているから,何らかの働きがあったのだろうが,伯父は私に何らの自慢話もしてくれなかったので、その仔細は知る由もない。

後年私が満州国に就職し、手みやげにお酒などを渡した時,懐かしげに、ことのほか喜んでくれた思い出は、その深い意味をこめて忘れられない。

命をかけて戦う事は、1年2年の短い期間であっても、当人に取っては10年にも20年にも匹敵する価値を持つものである。

私自身その経験は人後におちるものではないので,理解出来る。

然し歴史は非情なものである。国の為よかれと一身の死をかけての働きも、唯一期待した靖国の英霊という名も、勝利国のごりおしに同調し、総理の参拝すら要らぬ事と非難視する時代である。

勝利者勝利を祝う時,敗者は無念の死を遂げた死者を弔う、何の不思議、不正義があるか。

|

« 佐藤寿人のシュート | トップページ | 人類は何故こんな変な仕組みを作るのか »

コメント

[総理の参拝すら要らぬ事と非難視する時代である。]

時代は変化しています
MY日本 (SNS)ここには7万の若者が歴史を共有し日本は正しい戦争をしたと確信してます。

投稿: dekame | 2014年6月 9日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59268757

この記事へのトラックバック一覧です: 陸軍記念日:

« 佐藤寿人のシュート | トップページ | 人類は何故こんな変な仕組みを作るのか »