« 私の心根 | トップページ | デイケアーの効果でお伊勢参り可能か »

2014年3月17日 (月)

FACEBOOKというもの

FACEBOOKというのがある。うるさいので最近はiPhoneでも触れないようにしている。

私の場合送る事は何もない。他人の情報を見るだけである。

一頃百人を超すほど友だちになりたいという押し掛けがあったのだが,今はもうない。

友だちも身内のもの以外は2人だけである。

その二人も一人は子の年齢,一人は孫の年齢である。

せっせと便りをくれる。一方通行で終始しているが。

子の方はオートバイ狂かと思われる位あちこち走り回っているらしい。

孫の方は目下インドに居て最近生まれたおさなごの育児に忙しいようだ。しきりとその写真を送って来る。

皆忙しくてよろしい、この卒年老人のごとく何も出来なくなってはもうおしまいである。

私の孫が一昨年まで留学していたLeuvenからの友だちになりたいが数十にも達しておどろいたが、これもようやく治まった。

おそらく孫がうっかり洩らした事から、こうなったことは間違いないが、電波の早さは恐ろしい。

もう一人の孫の年齢の友だちは、そもそもの出会いがインターネットであった。

その祖父の死を友人である私をネットで探し出して、当日に私に知らせてくれたのが初会だから恐ろしい。

奇跡的な出会いである。しかもインドのニューデリー在住だということも後から知った。

友が死んだのは札幌だから、霊魂が導いたとしか言いようがない。

この友は一期下の戦友で,約3年間同じ部隊で生死を共にした。戦後も十年ばかりして私を訊ねて岩國に来て、半年私の仕事を手伝ってくれてことがあった。爾来交友は絶え間なく続いていた。

私と60年も違うこの友だちは時々日本に帰って来るらしいが、私は見た事はない。

この彼女の父親はその幼い時一度逢った事はあるのだが、成長した現在はしるよしもない。

此れ等をつなぎ止めるFACEBOOKとはおよそ不思議な糸である。

|

« 私の心根 | トップページ | デイケアーの効果でお伊勢参り可能か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59307718

この記事へのトラックバック一覧です: FACEBOOKというもの:

« 私の心根 | トップページ | デイケアーの効果でお伊勢参り可能か »