« 我が家の一大事 | トップページ | 人類の歴史に希望は無さそうだ »

2014年2月26日 (水)

デイケアーの楽しさ

デイケアーに出かける段になって雨になる。迎えの車だから傘は持って出ない。

人数は最高の9名である。

ちょっと賑やかかな。しかし老人ばかりだから静かなものである。

人生終末ともなれば、声を出す元気もなくなるものか。

器械はときどき騒がしい音を立てる。これはいろどりになっていいか。

予定の3時間あっという間である。もう段取りも良くなって、最後は余裕十分。

今はどこも痛くも痒くもないから私も面白くてたまらない。

若い娘たちの愛想の良さも嬉しい。

改めて健康の良さを痛感する。

浮かれ過ぎて介護認定を外されては困るのだが、このケアーがなければ、すぐ動けなくなるのは目に見えてるから、そのくらいは分ってくれるだろう。

|

« 我が家の一大事 | トップページ | 人類の歴史に希望は無さそうだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59203155

この記事へのトラックバック一覧です: デイケアーの楽しさ:

« 我が家の一大事 | トップページ | 人類の歴史に希望は無さそうだ »