« 忘れた杖戻る | トップページ | 老人の無駄な出歩き »

2014年2月 9日 (日)

我が孫への小さなお願い

末の孫が会いに来るというので楽しみである。

手助けしてもらいながら、かっての故遊の地でも散策したいのだが時間的に無理かな。

3月3日には勤め先のアルバイトが始まるというのだから。

私の時代と比較は出来ないが、私は3月18日満州国新京着が決められていたから、それまでは卒業式にも欠席して、好きな所を歩き回った。当時の金で赴任手当300円貰っていたので、小遣いには余りすぎるほどあった。

現在はどうなのだろうか。

なによりも幸福が待ち受けてほしいものだ。

私は肋骨の折れたのも今は感じないし、腰の痛みもない。右膝がいくらか不如意だが、まあ歩く速度が遅くなる程度だからなんとかなるであろう。

1泊2日は欲しいな。

気ぜわしいときだろうから、無理を言ってはいけないかな、まあ出来たらということだよ。

ブログの紙面を借りて、思いつきの一寸したお願い。

|

« 忘れた杖戻る | トップページ | 老人の無駄な出歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59098736

この記事へのトラックバック一覧です: 我が孫への小さなお願い:

« 忘れた杖戻る | トップページ | 老人の無駄な出歩き »