« 老人の無駄な出歩き | トップページ | 慣れとは恐ろしい »

2014年2月12日 (水)

私の行くデイケアー

午後いつもの通りデイケアー。

まんべんなく身体の筋肉をほぐすせいか、だんだん身体機能が回復して来たのを実感として感ずる。

特に普段使う事のない、ももの裏肉や尻につながる部分の筋肉などは軽い鈍痛が残っていつまでも痛い。

自然に快癒した時には随分動かしやすくなるのだろうと期待出来る。

訴えて特に入念にマッサージしてもらう。

人数も10名と普段より多く、賑やかに進攻する。

女性が増えたことが、活気をおこしたと言えなくも無いようだ。

身障者にもいろいろあって、歩行困難な人もいるが、リハビリが出来るという事はとにもかくにも幸福なことといえる。

こうして確かに前途に希望が見えるからである。

ここに勤務する職員の方といい,参加する要ケアーの人たちといい、実に懇切で雰囲気が良い。

思っても見なかったことで大変うれしい。

|

« 老人の無駄な出歩き | トップページ | 慣れとは恐ろしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59120513

この記事へのトラックバック一覧です: 私の行くデイケアー:

« 老人の無駄な出歩き | トップページ | 慣れとは恐ろしい »