« 孫は所詮手の届かぬ存在か | トップページ | 騒音 »

2014年2月15日 (土)

”消費は美徳”は今と違うか

雲がかなり多いが天気はよい。関東以北は大雪で大変だそうだから、やはりここらは南国というところか。

昨夜やっと19歳の少年が4回転ジャンプを引っさげて金メダルを奪取した。

先日の15歳の銀メダルといい、柔軟な身体でないと軽業は無理か。

41歳の葛西の頑張りは努力以外の何ものでもない事が良く理解出来る。

天はやはり二物は与えないものだ。

娘等は昨夜の羽田からうまく帰り着いただろうか、家内に電話しろというのだが忙しいからとうべなわない。苦労はするけど命の心配まではないか。

昼飯を外で食い、アイロンなどを買いに行く。ついでに掃除機も買う、いずれも古くなって機能が悪くなったからである。ささやかながらアベノミクスに協力する意味もある。

そう云えば何時ごろだったか、”消費は美徳”と云われた時代もあったっけ。

夜又東京へ電話し、やっと娘等の消息が分かる.昨夜8時頃新宿回りののろのろ運転電車で帰宅したとのこと。さすがに疲れた由。

|

« 孫は所詮手の届かぬ存在か | トップページ | 騒音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/59137687

この記事へのトラックバック一覧です: ”消費は美徳”は今と違うか:

« 孫は所詮手の届かぬ存在か | トップページ | 騒音 »