« 奇跡のサンフレッチェ連覇 | トップページ | 歳末多忙 »

2013年12月11日 (水)

とうとうデイサービスを受ける身になる

今日から介護支援センターのリハビリ支援行事が始まる。

朝起きてすぐやや緊張感。

庭を歩いてみて、これで何とかなるかしらと案ずる。腰は何とかごまかせるが、膝の痛みはどうにもならないかもしれない。

私の場合はもう遅すぎるのでは。

でも,先般ののMRI検査と同様、あたってくだけるしかあるまい。

デイサービスセンター「オムエル」というのだそうだが、予定通り午後1時頃自動車で迎えに来てくれる。

先ずお役所仕事としては鄭重過ぎるくらいの扱いに恐れ入る。

同じ時間帯では7人だったが、私だけが新米のテスト生で、何もかも教わるばかり。

十数台のサービス器械に次々のっかって、所用のトレーニングなどを行うわけである。

生まれて始めてだから、一々面食らいながら、教わった通りこなして行く。

夫々の器械には個人差に対応出来る様な仕掛けが出来ているので、心配していたこれ等の器械は私には出来ないなどというものはひとつもない。実に軽々としかも快く、少しの苦痛もあたえられることはない。

間になんどかの休憩時間も入れられて、つつがなく本日の予定の3時間が終了する。

もちろん事後担当者の伊勢本氏からの、問いかけにも異議なく応じて、引き続きこのリハビリテーションに参加し、トレーニングして貰うようお願いする。

益々寒くなる時期,風邪の心配がきがかりだが、決めたことは仕方がない、気をつけながら実行するつもりである。

仲間も未だ増えるらしいが、同じ世代の老人たち、むしろ私が一番年寄りだが、気心もみなよさそうだ。

仲良くやって行く以外にない。

|

« 奇跡のサンフレッチェ連覇 | トップページ | 歳末多忙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58738590

この記事へのトラックバック一覧です: とうとうデイサービスを受ける身になる:

« 奇跡のサンフレッチェ連覇 | トップページ | 歳末多忙 »