« 夫と妻の食い違い | トップページ | 前の東京オリンピックの時代 »

2013年11月19日 (火)

つんぼに電話

最近買って来たハーマンのスピーカーのおかげで、パソコンをいじりながら、大半の時間をバックグラウンドミュージックつきで過ごすことになった。

何もしないときは、普通のコンポーネントに頼っていることに変わりはない。

一般の人がどうして過ごしているのか私にはわからないが、目の前の仕事と背後を流れる音楽とで、私の感覚の中には他に入り込むすきはない。

従って日常のこと、世界状況などは、家内から聞かされるだけである。

突然夢から覚めたように、今度の益田行きなど言い出すから、家内は去就に迷う。

出かける2日前に聞かされて、反対してたのだが、宿をすでに2人分取っているから駄目だと云われ、渋々付いて来た。

関心はゼロに限りなく近かったらしい。だから余計退屈し疲れたのだろう。

家内も私も耳は随分遠くなった。聞き耳を立てなければ聞こえない。

特に私の声は超低音だから、何を言ってるか普段は殆ど分らないらしい。只長年の感で察しを付けているようだ。

イエス、ノーさえ分ればそれでよい。

私に掛かる電話はもうひとつもない。受話器は二つもあるのに。

だから電話にも出ないし、いつの間にか切れたりする。

友人の中には、かねてから耳が聞こえないから掛けるなと、言ったのが3人も居たが、その後元気なのか生死も定かではない。

電話料は無駄使いに等しいが、老人の生活は何一つ有用なものは無さそうだ。

まあ、お国の為にはなっているのかもしれないが。

|

« 夫と妻の食い違い | トップページ | 前の東京オリンピックの時代 »

コメント

『日々の生活に良いことはなくていい。 悪いことさえなければそれでいい』
私のモットーです。

投稿: しろまる姫 | 2013年11月19日 (火) 10時24分

ばかいっちゃいけない。
お国の為なんかなるわけないじゃない。

投稿: NORMAN | 2013年11月19日 (火) 14時50分

戦争を肯定する気はないが、軍隊に入り死と隣り合わせの生活を望んで出向いて行った人が、果たしていたのだろうか?
神風特攻隊で死んでいった若者たちの心境はどうだっただろうか?
もし、あの当時にあなたに召集令状が来たらどうしましたか?
言論の自由があるからと言っても、ここで個人を攻めるのは感心しない。

投稿: しろまる姫 | 2013年11月19日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58603461

この記事へのトラックバック一覧です: つんぼに電話:

« 夫と妻の食い違い | トップページ | 前の東京オリンピックの時代 »