« 又音に凝るかも知れないな | トップページ | 転んでも立ち上がれない »

2013年11月14日 (木)

小さな台車でも便利

昨夜降ってたと思っていたが,思い違いだった。雨の跡はまるでない。

と云って、晴天でもない。

秋深まれば落ち葉ばかりのもう冬である。

台風に明け暮れた夏秋だった.最後はフィリッピンで史上最大の台風30号が一万人の生け贄を連れ去ったとか。

地球最大の海、太平洋だから、齎すものは何でも大きい。

灯油が切れたので下のガレージから提げて入る。

腰を用心しながらだから、ふらふらしてやはり気になる。

台車でやれと、家内が古く腐れかけた台車を提げて来る。これでも何とか役に立つ。

もうこれも何十年つかったろうか、お払い箱にしてやらないとかわいそうだ。

買い物に出たたついでにダイキに寄って、小さな台車を¥4000.で買って帰る。

今は軽いものばかりだからこれで良い。

近く¥200.つけて捨てることになるわけ。永い間ごくろうだったなあ!

自動車に乗れなくなったら、こんな芸当も出来ない。

やはり死ぬまで車に乗らなくてはならないな。

ガソリンが高くなっても問題では無い、なんて言ったら怒られるだろうな。

|

« 又音に凝るかも知れないな | トップページ | 転んでも立ち上がれない »

コメント

「¥200つけて捨てる」の¥200とは、リサイクル料金のことですか?

投稿: しろまる姫 | 2013年11月14日 (木) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58574551

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな台車でも便利:

« 又音に凝るかも知れないな | トップページ | 転んでも立ち上がれない »