« 老人の交通事情 | トップページ | 巨人の強さ »

2013年10月26日 (土)

老骨とふたり連れの愛車

昨日は午後家内の買い出しを手伝って、市役所近くまで行く。雨はすっかり止んでいたが、車の多さに驚く。

嵐が去ったので、皆勇んで出て来たのであろうか。

郵便局に年賀状の予約をさせられたので、去年出さなかった年賀状を思い出して、持参して交換してもらう。

もう年賀状でもない年齢なのに、予約した後から果たして出すべきか思い迷っている現状だ。

寝たり起きたりの毎日なのに元気ですかもないものだ。

今年くらい台風が再三やって来てくれると、地震の次に台風だね。火事は随分少なくなったから3番目でいいだろう。

やさしい親父ばかりだから、4番目はなしでもいいだろう。

いや、地震、台風、火事、女房がいいだろう。私の所も滅多に無いけど時たまこわいことがある。

私も長生きだが、車も長生きだなとふと思う。まだ4万キロ一寸だから元気である。

何時買ったのだったか、思い出せない。日記を調べると1999年の8月12日となっている。

もう14年を過ぎている。道理で悪相になったな。子供等は乗るのを嫌がる。

エンジンや足回りは快調そのものであるのに。

6年間軍隊で教わり、しぼられたのだから、運転は荒いことは認めざるを得ない。あちこち傷だらけである。

3年に一度の免許検査の予備試験には、自動車学校の教官が、運転が荒っぽいと驚いている。

しかし人にぶっつけたりはしない。腕には自信があるのだが、人は信用しないなあ。

仕方が無いな此の歳では。

|

« 老人の交通事情 | トップページ | 巨人の強さ »

コメント

もしかして、奥様の根拠のある正論を怖く感じられるのですか?
自分の運転技術を高評価する人を信用しないのではなく、できないのでしょう。『あちこち傷だらけ』とは、何に当てたのですか?
帰宅後、気の緩みで自宅ガレージで当てるパターンが多いらしいです。

投稿: しろまる姫 | 2013年10月26日 (土) 10時26分

しろまる姫さま、いつも熱心にコメントいただいてありがとう。
何を言われるかと実はひやひやなんですが。

十何年も一つ車に乗ってると、何でこんなにと自分でも分りません。

どこにでも起きっ放ししたりするので、傷つけられたのも多いのではと半ば他人のせいにしています。
いけませんね。

正直、先を急ぐ時なんか、あまり車のことなんか気にしませんね。単なる大工道具としか考えていませんから。

そもそもが戦争ごっこの道具だったのですから。


奥さんは怖いですよ。知り尽くされていますから。

投稿: | 2013年10月26日 (土) 14時31分

お返事ありがとうございます。
いつも、好き放題のコメントしている無礼者です。
新車のうちは傷つけないようにしていても、「形あるものは壊れるんだ」と思ったりします。誰でも多少はうっかり当てたりするものです。
しかし、そろそろ免許証自主返納しようかと思われたら、奥様や娘さん達のためにも迷わずご決断してくださいね。

投稿: しろまる姫 | 2013年10月26日 (土) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58455654

この記事へのトラックバック一覧です: 老骨とふたり連れの愛車:

« 老人の交通事情 | トップページ | 巨人の強さ »