« ささやかでも先祖の弔いはつづける | トップページ | 昔ダンスホールがあった »

2013年9月28日 (土)

人生多事多幸。神の与える不可思議

昨日の岩國行きで疲れが取れずに朝は起き辛い。

空も打って変わって今日は雲が厚く、ひょっとしたら雨になるかも知れない。ゆっくり休めそうである。

実りの秋とはよく言ったもので、昨日手みやげに貰った数々の果物その豊富さに今更驚く。

老夫婦二人ではとても食べきらない。

改めて日本はいい国なんだなあと感じ入る。

時々地震とか雷とか神の鉄槌が下るけど、これが無ければもう極楽そのものである。

田舎に帰ってみて、古き友人たちがもう皆亡くなって居るのを知ると、寂寥の感は拭い得ない。

我一人かくも永らえて!

長寿の実感。いいのか、悪いのか。

義弟も数年前木から落下して大怪我をした所を、先日転んで又再手術した。

ようやく動けるようになって、今日はうろうろと歩き回っている。私とは20くらい違うのだから、同列では困る。

歩けることの幸を痛感。

人生多事多幸。神の与える不可思議。

カープCS確定、運が良ければ優勝も夢では無い。やはり奇跡は起こり得るのか。

|

« ささやかでも先祖の弔いはつづける | トップページ | 昔ダンスホールがあった »

コメント

『柿が赤くなれば医者は青くなる』

投稿: | 2013年9月28日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58279687

この記事へのトラックバック一覧です: 人生多事多幸。神の与える不可思議:

« ささやかでも先祖の弔いはつづける | トップページ | 昔ダンスホールがあった »