« 念願の三朝温泉へ行けるのか | トップページ | せいては、し損じる »

2013年9月14日 (土)

人の世の所詮一人旅

今度の我が家のお風呂は、少し浅く小さくなったが、私の身長に合わせたごとく、寝そべってちょうど良い。

だからというわけでもないが、気安く毎日のごとく入る、時には2度も3度も。

もっとも夏だからのはなしで、これから涼しくなってはとても続けられない。

やっぱり温泉がいいということになるかも。

手軽にすぐ近くの温泉でもちろんいい。

と、太平楽が並べられるのも後何日だろう。

白菊会から総会の案内が届いている。もう10年以上も待たして申し訳ない。

何か大学の改築中とかで、駐車場の位置が遠いようだ。

会場の体育館まで、歩き回るのは無理だから、今年は出席を止すことにする。

我が家の墓も昨年から訪れていない。草がぼうぼうだろうと家内が言う。

涼しくなったら鎌などさげて出かけるかという打ち合わせにはなっている。

私が入るまでは空き墓だから、(しかも死んでも暫くは白菊会の預かりだから、空きは続く)別に問題は起こり様が無いのだが。

山の中に一人、家でも一人、思っただけでぞーっとするほど淋しいもんだな。

今がやはり一番好い時なんだ。

|

« 念願の三朝温泉へ行けるのか | トップページ | せいては、し損じる »

コメント

個人的には『樹木葬』を希望している。なぜなら子孫に墓の管理で負担をかけたくないから。

投稿: | 2013年9月14日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58188462

この記事へのトラックバック一覧です: 人の世の所詮一人旅:

« 念願の三朝温泉へ行けるのか | トップページ | せいては、し損じる »