« 腰抜けの現実 | トップページ | 人生多事多幸。神の与える不可思議 »

2013年9月27日 (金)

ささやかでも先祖の弔いはつづける

台風20号はさしたる影響を残さず北方に去って行った。

台風のシーズンだから未だ油断は出来ないが、昨今の豪雨型台風にも困ったものだ。

地震も大地震が相次いでいるし、まさか地球そのものが大変動でも起こすのではあるまいな。

人類の滅亡が思わぬ形で到来するのかも知れない。

自然の何気ない営みが、賢そうな人類を根底から抹消しそうだとも思える。

微弱なもんだな人間なんて。

秋分の日に郷里の先祖の墓参りを怠っていたので、今日改めて私と家内の両方の墓参に夫婦で出かける。

どちらのうちでも、半年もご無沙汰していたので、話が簡単ではなくなる。

しかも家内が一番末の妹に約束事があるとかで立ち寄ることになったりしたので尚更手間がかかった。

朝10時半ごろ出発して、スーパーで手みやげを買ったり、食事をしたりして行ったこともあって、とうとう帰りは秋の夕闇に迎えられることになる。

夜義弟が心配して無事帰ったか確認の電話までかかる。

有り難いことであるが。

|

« 腰抜けの現実 | トップページ | 人生多事多幸。神の与える不可思議 »

コメント

太陽の黒点がなくなれば地球は寒冷化するとか?

投稿: | 2013年9月27日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58276533

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかでも先祖の弔いはつづける:

« 腰抜けの現実 | トップページ | 人生多事多幸。神の与える不可思議 »