« 2020東京オリンピックの使命 | トップページ | 念願の三朝温泉へ行けるのか »

2013年9月12日 (木)

トルコさんごめんね

昨日は動かぬ身体にむち打って、家内の買い物など手伝ったが、今日はもう出かけたくない。

大型ゴミも家内が片づける。

私はもっぱら音楽を聞きながら横になっている。

これしかない。

ブログを書くということは、案外頭を使う。

過去をひもどき覗き見する必要も生ずる。

90年と云う歳月は並みではない。

意欲が出ないときは残念だが放棄する。

東京がオリンピックでイスタンブールに競り勝った。

が私はイスタンブールの落選に涙した。

トルコは世界で一番好きな国である。

江戸時代の恩義を忘れずに、いつも好意を送ってくれる。

残念ながら今度符節を合わすごとく、日本の女子学生が遊覧の途次危害を受けたというではないか。

場所も名高いカッパドキアだと言う。

紀元前ギリシャ、ローマ、ペルシャなどが覇権を争って往来した古い故事来歴を残す地である。

女子学生たちもそれを探求したかったに違いない。

私も密かにエジプトやトルコ観光したいと思ったことがある。

人類発祥の史実を残していることは何と言っても最大の魅力だった。女の知人が絵はがきを送って来たりしたことがあったが、切歯扼腕したものだ。

女性に先を越されたかと。そして今回もである。

今となってはもう訪ねることは無理だ。が永年の彼の国との友情は無駄にしたくないものである。

|

« 2020東京オリンピックの使命 | トップページ | 念願の三朝温泉へ行けるのか »

コメント

イスタンブールの敗因は隣国シリア内戦やIOC規定内容によるものらしいけれど、近い将来にチャンスはあると思います。

投稿: | 2013年9月12日 (木) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58178674

この記事へのトラックバック一覧です: トルコさんごめんね:

« 2020東京オリンピックの使命 | トップページ | 念願の三朝温泉へ行けるのか »