« 我が家の思わぬ災難 | トップページ | 2020東京オリンピックの使命 »

2013年9月 8日 (日)

2020年のオリンピック

やっと雨も上がったし、今朝は早くから2020年オリンピック東京開催の朗報が入る。

私がこのオリンピックを見ることはないだろうが、青春の血を沸かした若者の祭典に変わりはない。

1964年にしっかり見ているから、悔いは無い。

敗戦の汚名をぬぐい去り、戦後復興の先駆けになった記憶は今でも生々しく残っている。

かげりの見え始めた今の日本にふさわしいとも言える。

個人の人生にも山あり河ありだが、日本も平和の行き詰まりに苦しんでいる状態だ。

重なる大震災の後、負の償いばかり強いられている今の日本、世界は未だ見捨てては居ないらしい。かってのように戦争に活路を求める時代では無い。

いい転機になって欲しいものである。

平和の真の良さを世界の国民に体験させる気構えこそ望ましい。

|

« 我が家の思わぬ災難 | トップページ | 2020東京オリンピックの使命 »

コメント

今朝からオリンピック一色。1964年の時は幼少期であり国道2号線で生の聖火ランナーを見ただけの記憶しかない。

投稿: | 2013年9月 8日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/58152620

この記事へのトラックバック一覧です: 2020年のオリンピック:

« 我が家の思わぬ災難 | トップページ | 2020東京オリンピックの使命 »