« 一期一会の懐かしい体験 | トップページ | ひっそりと去って行きたい »

2013年8月 1日 (木)

頼もしい若者たち

むしむしと朝からたまらない。9時現在私の部屋は33度を超えている。湿度も軽く70%以上。

若いということはひどいもので、甲子園を目指して激闘をつづけている。

広島県は瀬戸内と新庄が二日間に渡って戦い,最後は1-0で瀬戸内が決着を付けた。

息を呑むとはこのことだろう。両チームの健闘は言うに及ばず、就中瀬戸内山岡、新庄田口の両投手の力投は称賛に値する。今後の大成長を期待するものである。

今日もお医者へ、治療時間ががだんだん短くなる。傷跡も1箇所だけになる。後1週間か。

浄化槽のモーターがもう寿命だからと取り替えに来る。

廿日市市の東の外れだから、未だに下水道の施設はない。

端というのはどこの場合でも後回しは致し方ないのか。

日の当たる所でぽたぽたと汗を顔からまき散らしながら作業を続けている。

辛抱強い子だなあ。感激した。

早くひやいお茶を出してやれと家内に大声で指図する。

隣の佐伯区に最近出来たらしい回転寿司やさんに行き、昼食をとる。大変美味しい。

本拠は今治らしいから、ネタは直送だろう。

店の名前を聞いた所方言で”凄い”という言葉らしい。難しくて老人には憶えて居れない。

ほん近くだから植物園に行ったときは立ち寄ることにしよう。

|

« 一期一会の懐かしい体験 | トップページ | ひっそりと去って行きたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57906973

この記事へのトラックバック一覧です: 頼もしい若者たち:

« 一期一会の懐かしい体験 | トップページ | ひっそりと去って行きたい »