« 私の父、そしてその死 | トップページ | 私の忘れ得ぬ人ー横山博君 »

2013年6月15日 (土)

ひどくなる物忘れ

待望の雨がやって来た。

農村の人たちの喜びの顔が見えるようだ。

私の日記を見ても,2日の日曜日の道路掃除の日時々僅かな雨が降って以来だ。

凡そ2週間ぶりである。これではさすがにたまらない。

しっかりふれふれ。

空を見上げると,灰色の空がぼんやりで、逞しい黒雲は見えない。大丈夫かなと少し心配になる。

雨の音はぽたぽたと確かなのだが。

2,3日前から家内がカードを入れた財布がなくなったと家捜しをしている。

昨日はとうとう私まで駆り出される。

無いものは仕方がない,再発行してもらえというのだが、今日は生憎土曜日だし,金融機関は休みだが,デパートは大丈夫だから雨の中を出かけなければならない。ご苦労なことである。

どこかに落としたか、拾われても悪用の被害はないだろう。

過去にも二度三度あることだし心配はしていない。届けておきさえすれば問題ないことだ。

それよりも物忘れの頻度,深刻さが気になって来たぞ。こちらはもう防ぎ様はない。

今朝ふと見るとデスクトップの絵が,大昔子供の頃の思い出の詰まった私の家屋敷の白黒写真である。

戦争に行って居る間に,爆撃を食らって二度と見ることはなかった。

懐かしく表示時間を長くしようと、環境設定に入ると途端に画面が消えて他の絵になってしまう。

デフォルトが15分にしたあったから、どんどん変わるわけである。

写真集を探したが沢山あって見つからない。諦める。

|

« 私の父、そしてその死 | トップページ | 私の忘れ得ぬ人ー横山博君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57595732

この記事へのトラックバック一覧です: ひどくなる物忘れ:

« 私の父、そしてその死 | トップページ | 私の忘れ得ぬ人ー横山博君 »