« 同郷の人、やはりどこか違うんだなあ | トップページ | 私のiPhoneの真価 »

2013年6月19日 (水)

最期は人も物も皆ゴミだ

資源ゴミの特別回収日、ポリ袋に入れて雑誌など一括して棄てに行く。裸で棄ててるのが多いが、濡れたらどうなるのだろう。

予報では今沖縄の南方に居る台風4号の影響で大雨になると云う。 

午前9時半横殴りの雨が降り始める、いよいよ始まりかな。ゴミはもう捨てた後だからしかたない。

身体は動かせる時動かした方がいいとは、わかってるつもりだったが、分っては居なかったようだ。

布団や毛布、こたつ掛け、敷きなどなど、季節の移り変わりとともに、入れ替えがいやでも必要だ。

家内がやってくれてるから、知らなかったが案外大変だ。シーツを外したり洗って付け替えたり、余分な付随仕事もある。

家内が病気でダウンしたから、手助けするつもりが案外楽ではない。

私も若くはないから、息を切らしながらやる以外ない。

この先どうなるやら、そっちの方が不安になって来た。

私のゴミといっても、戦争で全部なくなり、それ以後4回も転居したのだから、その都度整理し今の家を建ててからは丁度40年である。知れたものである。

その気になれば簡単なはずなのだが、ゴミ同然のものでも、人には分らぬ愛着がある。

これが一番重要である。愛着を吹ききることは容易ではない。

やはり死ぬ間際までどうしようもないことだと思わざるを得ない。

昨日も工事をすれば産業廃棄物が沢山出るからいっしょにすててもいいですよといってくれたが、それもいい、お願いしようかな。

最終的には子や孫にまかさざるをえないが、幸い文句が出そうには無いので安心していいらしい。

|

« 同郷の人、やはりどこか違うんだなあ | トップページ | 私のiPhoneの真価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57622736

この記事へのトラックバック一覧です: 最期は人も物も皆ゴミだ:

« 同郷の人、やはりどこか違うんだなあ | トップページ | 私のiPhoneの真価 »