« 議会人の出る幕 | トップページ | 老人のひが目 »

2013年5月 4日 (土)

長寿を嘆いたり喜んだり

やはりひんやりとした朝,気温は12度。予報は曇り時々雨。

昨日はフラワーフェスティバル初日、いきなり79万8千人の来場者、といわれてもちょっとどのようにと想像がつかない。テレビで断片を拝見するだけ。

長女が菜穂子の赤ちゃんを見せに連れて来てくれて、しばし4世代の会合を楽しむ。

93年の時差を覗き込むようにみつめる。改めて凄いなあと感慨を新たにした次第。

長生きをしたればこそ,未来が実感出来た。

ひるすぎ圭さんから電話をもらう。突然のことなので,ひょっとして又どこぞへでもと驚く。

別に変わったことは無く,元気そうで,人並みに連休を家族と楽しんでいるとのことで安心する。

ひと月前に、長女の所に同じ様な話があって驚かされたばかりなのでどうしてもそちらが気になる。

もうこの老いぼれには何の効能もあたえることはできない。無力の哀しさだけが心をいためる。

こんどはいたずらな長寿を嘆く番である。

|

« 議会人の出る幕 | トップページ | 老人のひが目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57308852

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿を嘆いたり喜んだり:

« 議会人の出る幕 | トップページ | 老人のひが目 »