« 人生も自然現象か | トップページ | カープへの思い »

2013年4月18日 (木)

薄暗い春の一日

朝曇り、靄やや深し。

今年は例年の岩國航空祭りが中止と決定、どうやら昨今の北朝鮮の動向によるらしい。

近年は凄い人気で、近郷近在から何万人も押し掛ける5月の年中行事だったのに。

昔は家内も里帰りを兼ねて楽しみにしていたものだが。

今日は第3木曜日、資源ゴミ収集の日である。朝早くから家内は選別に忙しそうである。

ついでにガスストーブを整理し、倉庫に片づけてやる。段ボールをまとめたり少し位は手伝うこともある。家内もせわしくすると動悸が激しくなると云う。老化は皆同じである。やむをえんな。

今朝家内に宮島に永いこと行ってないから行かんかというと、それどころではないと断られる。

先日の植物園は何でも無かったが、宮島は歩く距離が倍以上もあるから、良い運動になると思うのだが。

靄は午後になっても晴れず、宮島を始め瀬戸の島々は視界から消え去っている。

日射しも無い.天気のせいか黄砂のせいか。

終日薄暗い春。

|

« 人生も自然現象か | トップページ | カープへの思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57198318

この記事へのトラックバック一覧です: 薄暗い春の一日:

« 人生も自然現象か | トップページ | カープへの思い »