« 山河は残れど故郷は見えず | トップページ | 空便は荒天には弱い! »

2013年4月 4日 (木)

時の流れを加速したモータリゼーション

昨日はいやに車の往来が激しく、至る所で渋滞した、なんでやと思ったら、どうやら大学などの入学式の影響らしかった。夜のニュースでなんとなく分った。

近年は学校の設立が多く、ここらあたりでも学生達の右往左往が目立つ。

入学式で近くの生活道路まで渋滞すると云うわけ。

良いのか悪いのか私にはわからないが、世の風潮もここまで行ったかとの思い。

日本全国歩くだけで経巡った吉田松陰の時代と変われば変わるものである。

私の若き日も思い出せば、1里、2里は歩くのが当然だった。

何をするにも時間がかかるのが当たり前だった。

モータリゼーションがすべてを変えてしまった。

覆水盆に帰ることは無い。

思うに私の90年の生涯は凄まじい加速の時代だった。

|

« 山河は残れど故郷は見えず | トップページ | 空便は荒天には弱い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57102052

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れを加速したモータリゼーション:

« 山河は残れど故郷は見えず | トップページ | 空便は荒天には弱い! »