« 一庶民のぼやき | トップページ | 不便な生活の良さ »

2013年4月 1日 (月)

老いぼれにも多少の用事はある

今朝の気温は6度、丁度春らしくてよい。

昨日の日曜日は花は満開だし、各地のさくらの下は人出で凄かったにちがいない。

花は本来昆虫を呼び寄せる為のものだろうが、役にも立たない人間どもが押し寄せて、根元を踏み固める。さくらの木は痛し痒しと思っているだろうな。

休日が明けたので早速市民税の追加分を払いに出かける.僅か500円である。

切片に領収印で済むかと思いきや、ご丁寧に納付伝票を別に書かせられる。

これでは老体ならずとも手早くすむわけがない。

今日は身体障害者の車が多くて空きがなく、駐車場所を探し歩く。

家内の買い物用事も多くてとうとう昼過ぎになり、うどんやに飛び込むことになってしまう。

情けなくも、これだけで疲れて、帰宅するとゆうに1時間以上も寝込む。

銀行で待たされる間に手に取って読んだ健康雑誌に、老人は下半身をしっかり温めよとある。

冷やすと血流が悪くなり,5臓6腑はもとより足腰まで弱り、障害の元になると書いてある。

なるほどなと合点、ちょっと得した感じ。

夕方家内が買って来た棚を取付けるのに、必要なねじ2本が見つからず、探しまわったがない。

以前娘が来て、身の回りを片づけてくれたとき、ねじを入れたビンを私の分らない所へ処分したらしい。

とうとう今日のことにならない。

|

« 一庶民のぼやき | トップページ | 不便な生活の良さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57084412

この記事へのトラックバック一覧です: 老いぼれにも多少の用事はある:

« 一庶民のぼやき | トップページ | 不便な生活の良さ »