« 親父のコダックカメラ | トップページ | 東北大震災から2年 »

2013年3月10日 (日)

昔陸軍記念日というのがあった

昔陸軍記念日というのがあった。今日だった、日露戦争奉天大会戦の日である。

大勝利と聞いていたが、実はクロパトキンの戦略的退却が実相だとか。

ともかく戦争は硬直状態に入り、平和交渉が実現する日本海海戦以後まで主力の戦いはなかった。

5月27日の海軍記念日とともに、戦前の祝日の一つだった。

この戦争以後永くといっても40年間だが戦争謳歌の時代が続いた。

そして昭和20年の無条件降伏を招いた。

もう二度と戦争はしないと誓わせられた。

そして以来もう少しで70年である。

私の父は兵役は免れたが、其の長兄はこの戦争で金鵄勲章をもらっていた。土蔵の奥深く納められているのを子供のとき見たことがある。

私も湘桂作戦の末期、所属部隊がアルコール燃料製造利用の功績により、輸送司令官から賞詞をいただいた。

戦争を勝利していればその実行者として、勲章に値したかも知れない。

平和が人類に取って一番良いことであるといっても、なかなか理想的なそれには近づきそうも無い。

いつかまた決然立って、防衛の力を振るわなければならない時がくるかもしれないという。

記念日なんて無くて結構だが、民族を永劫に残したければ、一庶民といえどもそれなりの自覚を必要とするのでは。

|

« 親父のコダックカメラ | トップページ | 東北大震災から2年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56924885

この記事へのトラックバック一覧です: 昔陸軍記念日というのがあった:

« 親父のコダックカメラ | トップページ | 東北大震災から2年 »