« わが人生の終末か | トップページ | 痛み止めの座薬の効き目 »

2013年3月22日 (金)

センバツ始まる

いつも通り朝早く起きて準備し、広島総合病院に出かける。

診察は5分とかからず終わる。

今度の腰痛の痛み止めはこうもんから差し込む薬だが、よく効いたらしく、朝すこぶる楽である。局部的に痛いだけで動作がまるで出来ないと云うことは無い。

歩くのも簡単である。

一喜一憂の日が続きそうである。

甲子園でおなじみのセンバツ始まる。

初日の二戦目に、私の郷里の岩國商業が出場、ピッチャーが好投し、大阪の履正社高校を1-0で破り初陣を飾る。

凄いピッチャーとは思えなかったが、どちらも貧打のチームらしかった。

勝負とは得てしてこうしたことが起きるものだ。

緒戦だから皆固くなっていたんだろう。

第3戦は打線に火がついて、ホームラン2本も出る打撃戦になった。ピッチャーだけが固くなるとこういうことになる。

今日は結局痛み止めが効いて、凄く楽になった。

又旅行に行きたくなったりして、落ち着かない。

おれってだめだなあと改めてだらしなさを感ずる。

思い切りのよい少年達を見ろよ。

|

« わが人生の終末か | トップページ | 痛み止めの座薬の効き目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/57010136

この記事へのトラックバック一覧です: センバツ始まる:

« わが人生の終末か | トップページ | 痛み止めの座薬の効き目 »