« 五分五分ということ | トップページ | 死の予行演習 »

2013年2月27日 (水)

今年始めての岩國行き

今朝は気温6度と急に跳ね上がる。一面の高曇り、雨になるかも知れない。

ここのところ寝起きに腰がなんとなく痛い。ぼつぼつ動けなくなる前兆かも知れない。

なんとなく長生きしてしまったのだが、4月に平戸行きの1泊旅行を阪急交通に申し込んだ手前、元気を出さなければならない。

千代が付き添ってくれるからなんとかなるだろう。

2年前の奥州旅行までは、なんとも感じていなかった遠方への旅行が、こんなに立ちふさがって見えるのはどうしたことだろうか。

朝家内が突然うぐいすが来ていると云って二階に上がってくる。窓越しに眺めるが私には見えない。

敏感な鳥だから窓を開けるわけに行かない。鳴く音が聞こえなくてはどうにもならない。

もう春が来てることはわかってるよ。

昼前から岩國の義弟の所に井上からの預かりものなどを届けに行く。葬式や法事のお返しなどである。

義弟は出かけておらず、光子さんと世間話で時間を過ごす。

5時頃帰宅。車の往来が激しい。高速道路料金が安くなったせいだろうか。

しかし情けなくもこの位の運転でかなり疲れる。どうしても一寝入りしなければいけない。

気温は14度と全く春のそれ。良い時期になったなあ。

|

« 五分五分ということ | トップページ | 死の予行演習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56853856

この記事へのトラックバック一覧です: 今年始めての岩國行き:

« 五分五分ということ | トップページ | 死の予行演習 »