« イソップ物語を思い出せ | トップページ | 私の勲章 »

2013年2月18日 (月)

神の警告

夜半からかかなりの雨である。

ロシアに1万トンの隕石が落下したと思ったら、時を置かず、今度は13万トンの小惑星が宇宙衛星と地球の間をすり抜けて行ったと云う。

もし地球にぶっつかったら、東京都の半分がちぎれて飛んで行くことになるとNASAは報じている。

爬虫類が全滅した歴史を地球は既に経験している。

何時の日か同じ経験を人類も経験しなくてはならない。

運命共同体のこの人類が只牆にせめぎあっていいものか、神の警告とは受けとめられないのか。

 

(次に産經新聞の記事を載せる)

20130218_101449_3

|

« イソップ物語を思い出せ | トップページ | 私の勲章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56790544

この記事へのトラックバック一覧です: 神の警告:

« イソップ物語を思い出せ | トップページ | 私の勲章 »