« 私のソッキョウさ | トップページ | サッカーの地方普及 »

2012年11月24日 (土)

サンフレッチェJリーグ優勝

朝気温は10度と思ったほど冷たくはない。
雲が多いから昨日同様日中は暖かくないかも知れない。
もう冬になってるのだろうから、もっと寒くても仕方の無い所、紅葉見物も冬の服装が多かった。当日は思いがけずいい天気だったから上着を脱いで提げて歩いている人が多かったが。
若いときと違って、気候の変化にはとみに敏感になっている我々老人は,日々うるさいほど暑い寒いが口から自然に飛び出して来る。
当然脱いだり着たり、激しくなる。それが仕事みたいなものである。
思い起こすと、我々戦中派は何事に付け我慢を強いられた。食うものから起居動作に至るまで、現在の様な自由奔放は許される環境には無かった。
物資の乏しい島国だから、海上を封鎖されたあとは大げさに云えば餓死へまっしぐらだった。
今無気力に気ままな暮らしを謳歌しているのは,その反動といえなくもない。
今日も外食を兼ねて買い物に出る。掃除機につないでいる配線が切れかけたり、熱を持ったりしているので皆替える事にしてヤマダ電機に行く。
サンフレッチェがとうとう地元でリーグ優勝をもぎ取った。
前回の固い動きが嘘のようだった。満員のサポーターの声援が効いたのだろう。
Jリーグになる前の歴史と伝統に輝いた時代を知ってるだけに,永い不振の時代が不思議な感じすらする。初優勝なんて信じられない。
こうなるのが当然だという気すらする。今後とも絶えず優勝戦線に連なって欲しい。

|

« 私のソッキョウさ | トップページ | サッカーの地方普及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56181286

この記事へのトラックバック一覧です: サンフレッチェJリーグ優勝:

« 私のソッキョウさ | トップページ | サッカーの地方普及 »