« 同盟継続の意義 | トップページ | 年寄りの冷や水 »

2012年11月12日 (月)

FaceBookに困惑

FaceBookというのにいつの間にか入らされてしまった。タダだからかまわないが、最近友達になりたいと称する人たちがわんさと押し掛けて来てどうしたら良いんだと,私は一人でぐちっている。
勿論誘い入れたのはどうやら山崎君のお孫さんらしい。山崎君は殆ど同年齢だったからじじいと孫の関係である。友達と云っていいんだろうか。
もう一人私をこの場に引き出したのは今度は私の孫らしい。留学していた時私の事をしゃべったのか、留学先の大学生が何十人も顔を並べている。
それに加えて、どうしたわけか私の住所録あたりか、メールの記録から盗みだしたか、親戚や友人の名前まで候補に登っている。
こうなるといささか迷惑である。
それでなくても、隠居を公然と称し、年金暮らしで杖がなければ人並みに歩けない,正真正銘の老耄である。すでに死骸は白菊会に予約してある。まち続けているのは死だけである。
友達を作るなどと云った段階はとうに過ぎ去っている。
やめたくなっているのだが、彼女達が盛んに投稿して現況をしらせてくれる。
孤独なだけにそうした身近なものたちの消息や考えは知りたい。
ままよこのまま放っておくかということになったわけ。
FaceBook当局からは、メッセージが届いているから何とか言えと再三催促までくるのだが、目下だんまりを決め込んでいる。

|

« 同盟継続の意義 | トップページ | 年寄りの冷や水 »

コメント

「あなたの知り合いではないですか?」と
全く知り合いじゃない人の写真がズラリと並んでいるっていうことでしたら
それは無視して大丈夫ですよ。

sinomanさんのPCのアドレス帳の中に
私のメールアドレスが入っていたので
FACEBOOKで、私の名前がでて来たんだと思います。

そして、その私の友達が
「知り合いではないですか?」に繋がっていくという、なんともお節介なものなのです・・・。


投稿: ゆっこ | 2012年11月20日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56096463

この記事へのトラックバック一覧です: FaceBookに困惑:

« 同盟継続の意義 | トップページ | 年寄りの冷や水 »