« 太平楽な国の日々 | トップページ | Siriという驚くべきソフト »

2012年10月 2日 (火)

医学は人を殺さず,人類を滅亡さすのか

今朝は市役所からエディオンへと午前中いっぱい出向いていて何だか馬鹿に疲れる。
iPhone 5 の購入手続きに時間が掛かり過ぎたからでもある。
初期設定をやってくれた筈だが、帰って来て電話をかけても通じない。
変な具合である。相手は家内のケータイだから、二人向き合ってやるのだが、話が出来ない。
ソフトバンクに電話しても混雑していてすぐの話にならない。
明日又足を運ぶ事になりそうだ。

もう一つの市役所だが、母校から云って来た寄付金を所得から控除してくれるものかどうか,条例がどうなっているか聞いたが、結局要領を得ない。県、市と夫々あるし,税務署もあるし、具体的にその時点になってみないとわからないと、全くこちらにとってもわけの分からない話だった。

それらの折衝に疲れたか,午後の午睡が熟睡になってしまって,夕食のチャイムが朝のチャイムと間違って聞こえ,未だ暗いのになんだこんなに早く起こしゃあがってとこぼす始末。
もうナンセンスを通り越す。

つらつら考えるのに、文明の進化が早過ぎて、老人は所詮世上についてゆけないし、まことに無益な存在だな。日本だけでなく世界中老人が増えていると今日の新聞にも出ていた。
人類自身が滅亡のふちを歩んでいる感じだ。
医学は人を殺さず人類を破滅さすわけか。

|

« 太平楽な国の日々 | トップページ | Siriという驚くべきソフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55799602

この記事へのトラックバック一覧です: 医学は人を殺さず,人類を滅亡さすのか:

« 太平楽な国の日々 | トップページ | Siriという驚くべきソフト »