« 下らぬ仕事を作るものだな、俺は | トップページ | マックの気の利いた自動画面変換 »

2012年10月18日 (木)

これがアップルの復元機能か

昨日よく降ったおかげで、庭木は元気を取り戻した風情。

この夏のかんかん照りで、土が固くなって球根を植えるにも困ると家内がこぼしている。

堆肥や腐葉土を先般買ってきてあちこちまいているようだが、この雨でいくらか効果が出るかもしれない。

猫の額のような小さな庭であるが、家を建てた後、藤本がくれたさぼてんと私が極楽寺山から拾ってきた松の子がいずれも大きくなって、庭の主然とそびえたっている。

成長度合いがよいので、毎年その整枝に私たちを困らせている。

40年という歳月はほんとに軽視できない。

マックが修理から帰って来る。15日に大和運輸が持ち帰ったのだから,2日間で治したらしい。

さすがに手早い。

さっそく復元に掛かる。恐る恐るである。

3時間20分などという表示が出る。やれやれ又かと心配。

2時間ぐらいして,丁度食事を終わった頃ボーンと大きな音がする。

終わった合図らしい。

次々と指示画面が出て来る。云われた通り運ぶ以外に無い。

又例のアップデートが2件。こいつが曲者だとすぐスクリンショットを決め,外部のSDに記録する。

インストール作業に10分位掛かる。今回は何事も無い。

午後8時現在無事終わったようである。

復元した元のファイルやホルダーが画面一杯に散らばって,10日前に完全に返っている。

なってみれば不思議な光景である。

やはりコンピューターはえらい。ここまで行ったか。

こまごまと小さな事柄をいちいち記録し保存していた今までがバカらしくなるほどである。

こそっとそっくりが皆再現して来るのだから恐ろしい。

|

« 下らぬ仕事を作るものだな、俺は | トップページ | マックの気の利いた自動画面変換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55919383

この記事へのトラックバック一覧です: これがアップルの復元機能か:

« 下らぬ仕事を作るものだな、俺は | トップページ | マックの気の利いた自動画面変換 »