« 米軍の飛行訓練 | トップページ | ネットからの便りの煩わしさ »

2012年10月30日 (火)

日本の分割統治を思う

昨日やっと岩國錦帯橋空港のターミナルビルが竣工したという。

インターネットにあまりにも早くから立派な写真が載せてあったので既に出来上がっているのかと勘違いして,何度も訊ねて失敗した。

今度は間違い無さそうだ。

米兵に頭を小突かれながら、市の義務割当で労働奉仕をさせられた終戦直後のこの飛行場勤務が忘れられない。もっとも当時はオーストラリアかニュージーランド兵だったかもしれない。

程度の悪い兵隊が多かったなあ。

しゃくに触るけど,敗戦国民だから仕方がない。

あのまま分割統治されたら今日の日本はないだろう。

今の朝鮮半島よりはもっと惨めだったろう。

ソ連統治になった東北北海道は未だに北朝鮮並みというわけか。

思い出してもぞっとする話である。

オスプレイぐらいでぎゃあぎゃあ騒ぐなと言いたい。

今朝の新聞ではそのオスプレイを自衛隊に配備したらという記事が載っている。

今沢山使われているヘリコプターなど問題にならない。

只値段がなあ!一機百億という。

日進月歩する文明の利器、いずれはとってかわるのだろう。

フィリッピンは戦後暫く米軍の支配下にあった。今すぐ目の前の南沙群島を中国に奪われかけて、米軍を撤退させた事を悔いている。尖閣列島もその類いかも知れない。

日本人は今国の存在を忘れかけている。国をよくするのも、指導者をよくするのも,国民である。

国を忘れかけていて国が良くなる筈は全くない。

|

« 米軍の飛行訓練 | トップページ | ネットからの便りの煩わしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/56003252

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の分割統治を思う:

« 米軍の飛行訓練 | トップページ | ネットからの便りの煩わしさ »