« 死の前兆 | トップページ | facebookなるもの »

2012年9月 3日 (月)

暗い秋になるのか

だんだん起き辛くなったこの頃である。
もう快調なんて云う日は来ないのではと思う。7時やっと尻の重さをはねのけてベッドを降りる。

雷鳴しきりに轟く中をマルシェに買い物に行く。駐車場を模様替して、綺麗にしてあって、車が多い。
客足が増えたのかも知れない。

時々雨が降るから今日は水まきはいらない。
幾分涼しい。
もうまっしぐらに秋だろうが,その先が怖い。

新しいマックのOS、クリックの反応は早いようだが,全体の起動は相変わらずゆっくりしている。デスクトップのピクチャもバージョンアップしたついでにライオンの写真にした。山ライオンとはどう言う意味だろう。
大体草原に住む動物だと思っているのだが。

昭和15年9月だったと思うが、当時満州国の新京に居た私に、徴兵の入隊命令が来た。赤紙ではなかったと思う。
来年1月の25日に満洲ハの53部隊に入隊しろという命令通知だった。
集合場所は広島市袋町小学校であった。
当日身体検査の後,軍装に着替えて,宇品まで歩き,輸送船に乗せられた。行く先不明のまま洋上をさまようごとく進み、30日朝凍結した朝鮮羅津港にガリガリと氷を割りながら到着,上陸するや貨物列車に乗せられ,一路北上した。

2月3日斐徳という駅舎のみの小さな駅の遥か外れに停車し全員降ろされた。
零下20度くらいだったか、勿論防寒服というのに身を包まれては居たが,冷たい空気に震え上がった。
初年兵2百数十名、迎えのトラックに分乗して,営舎に入った。

今地図で見ると、緯度でいえば北海道の稚内か宗谷岬に当たる。日本最北の土地と同じ位置である。
白皚々一望の広野に転々と兵舎が張り付いているだけである。
驚き呆れたのは言うまでもない。

1週間はお客様だった。
古兵達の宣言通り,雨霰の鉄拳制裁の日々が始まった。軍隊は命のやり取りをする所だ。
生きるか死ぬかだ、もう甘い考えは捨てろと居丈高である。
緊張と張り飛ばされる痛さに明け暮れて零下20度、30度も感ずる暇はなかった。
思い出すと,短い昼,永い永い夜。昼は演習時間だからまだよかった。夜が気合いを入れられる時間帯であった。それが毎日永く続くのだから悲惨であった。

暗い人生がこの9月に始まった気がする。
秋だからといって喜ぶ気になれない理由の一つはここにもあったということである。

|

« 死の前兆 | トップページ | facebookなるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55574342

この記事へのトラックバック一覧です: 暗い秋になるのか:

« 死の前兆 | トップページ | facebookなるもの »