« もう誰もあてにはしない老耄の行く道 | トップページ | 若き甥坊父に先立ちて死す »

2012年9月27日 (木)

安倍新総裁果して2度目の総理になれるか

自民党総裁にはやはり安倍晋三が選ばれた。ようするに毛並みの良さだろう。
実力の程は前回の轍は踏まないだろうから,目に見える実績を残すかも知れない。
問題は糸の乱れの政局を早急に戻せるかどうかだ。
日中韓の懸案はまったなしである。だれがやっても簡単には片付きそうにはない。

今朝薫久が亡くなったと芳邦さんから電話が入る。早くから予想されていたことだから仕方がない。
29日10時葬儀とのこと。

積水から配電盤工事と風呂の換気扇取付けにやって来る。
午後3時間ばかりかかって無事終了。
配電盤に予備が4カ所ばかり出来た。電子レンジは交換するとき別配線にすることができるな。

今日ダイキに行ったついでに、車に付ける身障者マークを買う。さっそく後部ドアにつける。身障者駐車場がこれで大威張りで利用出来るわけである。
今までは気兼ねしながら時々利用しても、高い保険料を払って損をした気分になっていたものだが、少しばかりせいせいした。

|

« もう誰もあてにはしない老耄の行く道 | トップページ | 若き甥坊父に先立ちて死す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55757600

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍新総裁果して2度目の総理になれるか:

« もう誰もあてにはしない老耄の行く道 | トップページ | 若き甥坊父に先立ちて死す »