« 散水談義 | トップページ | 人も家も老果てる »

2012年8月26日 (日)

nifty-serve回顧

強い台風15号が沖縄に接近しているというのに,今朝の眩い太陽はどうだ。
窓から射し込む光は暑い熱の束である。あわててカーテンを閉ざす。

深夜便で例月行われる五木寛之の県別音楽懐古談話で偶々広島県がとりあげられる。
数々拾い上げられる褒め言葉に頬の筋肉がゆるむ。そんなに誉められていいのかいな。
”かもめの水兵さん”は広島出身の作家だったか。初耳である。

webニュースで1969年始めて月に着陸したアームストロング船長が82歳で死去したと知らされた。歴史的人物だったが、割と早く亡くなったなあとの思いである。

ブラウザーの@niftyが nifty-serve と言った時代の通信フォーラム回顧をやっている。
私にもパソコン入門の思い出が深いだけに,先日もこのブログに載せたように、懐かしくて仕方がない。
随分勉強になったとおもっている。当初はワープロで入会したのだが、1994年アップルのパソコンを買って独学を始めた直後だったから,マックのフォーラムで教えを乞うことに必死であった。

25周年といっているが、webの時間の流れは凄いから、遥か昔のことのようで、思い出しても取り留めが無い。
登録はしてみたが、年齢が年齢だけに会話にならないのではと思っている。

Internetの波にのみ込まれて、フォーラムというシステムは崩壊したが、今懐かしさを持ち出されると、facebookなどより余程真剣で面白かったし役立っていたと思う。
私などは当初実名で投書し,身辺事情を語って恐れなど無かった。
1994年当時の私の投稿文のコピーを見ると,皆実名で書き結んでいる。

厄介な世の中になったものである。なんでこんなに不自由になったのだろう。

|

« 散水談義 | トップページ | 人も家も老果てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55509451

この記事へのトラックバック一覧です: nifty-serve回顧:

« 散水談義 | トップページ | 人も家も老果てる »