« 一の俣温泉 | トップページ | スポーツは楽しくていいね »

2012年7月18日 (水)

老人は意識して緩慢にならざるを得ない

台風7号も大した影響も出ず、朝鮮半島へ抜けたようだ。
昨日梅雨明け宣言が出て,今朝は抜ける様な青天気である。
気温は35度近くまで上がるという。いよいよ本格的な夏だ。
昨夜は30度を超す室内で,扇風機3台でとうとう一晩を過ごす。家内も扇風機だけで寝たらしい。
政府の省エネに協力したつもりであるが、老骨にはやはりこたえる。

時間制限はしながらも、時にはクーラーの世話にならずばおれないだろう。
昨日帰宅してからは、ふんどしと半袖の下着一枚で,今日一日も過ごすことになりそうである。
これなら扇風機だけでもなんとかなる。

午後3時近く,家内が眼科まで送ってくれというので、連れて行く。
診断の時間が今日は永く掛かりそうなので一旦家に帰って帰りの電話を待つことにする。
じーっとしていても汗ばむ今日の天気では、車で待つのも不経済であるから仕方がない。

起居動作どの一つをとっても急ぐとめまいがして危ない。いやでも緩慢にせざるを得ない。
昔は老人がのろのろと動いているのを見て、その理由がよく判らなかったが、運動神経が鈍くなったと同時に、こうした意識して緩慢にしなければならない原因もあったのだと気づく。

25時間録音のDVDアルバムから、ショパンのピアノ協奏曲第1番の甘美な音色がスピーカーから流れ出ている。
なんとなく背筋に快いせせらぎを与えて、暑さが忘れられる。
いい曲だなあ。

カープの昨日の逆転サヨナラ劇は凄かった。歴史に残るものになるかも。
ひょっとすると神のいたずらかもしれない。

|

« 一の俣温泉 | トップページ | スポーツは楽しくていいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55224005

この記事へのトラックバック一覧です: 老人は意識して緩慢にならざるを得ない:

« 一の俣温泉 | トップページ | スポーツは楽しくていいね »